TRAIN INTERNATIONAL

  1. HOME
  2. 企業情報
  3. 沿革

沿革

History Picture
1986年~

1986年設立。設立当初より、PR会社として、メディアとのリレーションだけでなく、プロモーションイベント制作、スペース・プロデュースなど多様な領域の事業を展開する。
好感度な企画力により、TOYOYA、講談社、資生堂、ルイ・ヴィトン、日清製粉など、大手企業のPRを数多く手がける。また、都内の遊休地を有効活用し、話題性の高い期間限定店舗を数多くプロデュースする、スペースメディアプロモーションの分野においては、パイオニア的存在となる。
ハイネケンや、ミラービールなど、アサヒビール、キリンビール、サントリー各社が取り扱うビールブランドの名前を冠した期間限定のビア・レストランを手がける。その話題性の高い店舗プロデュースは、評判となり、マスコミ各社から注目をあびると共に、来場客が2万人を超えるものもあった。
また、J.B(西麻布)、J TRIP BAR(六本木)といった、会員制クラブやディスコ等の常設店舗のプロデュースも手がける。

2000年~

2000年には、ブランドメーカーとしての機能を持つ、グループ会社、トレイン コーポレーションがデビューさせた、イタリア製のシリコンストッパー付きストッキングStay FitのPRに着手。
「世界初の片足売り」など、パブリシティ効果の高い販売方法などを創出し、PRを展開、マスコミの話題をさらう。
デビューから1年間で、マスコミに取り上げられたパブリシティ露出は300媒体を超え、一大旋風を巻き起こすことに成功。その後も、ギネスビール、ハーゲンダッツ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、ネスレ、ラックスなどの仕事を手掛ける。常に人の心をつかむコミュニケーションを展開している。